北海道Fラン大学生の暇つぶしブログ

"うわははっ"

北海道在住のFラン大学4年生tanachanです。

【感動小説】『三秋 縋 三日間の幸福』

【2021年1月11日更新】

こんにちは、tanachanです。

 

もし、自分の寿命がわかっていたら、

あなたはどのように余生を過ごしますか?

 

今回ご紹介するのは、

tanachanが本当に読んで良かったなぁと思えた感動小説です。

 

 

紹介する作品はこちら。

 

三秋 縋 作

          『三日間の幸福

 

 

「寿命を買い取ってもらった。一年につき一万円で。」

 

どうやら俺の人生には、今後何一ついいことがないらしい。寿命の"査定価格"が一年につき一万円ぽっちだったのはそのせいだ。

未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる「監視員」のミヤギ。

彼女のために生きることこそが1番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二ヶ月を切っていた。

 

 

この作品は、約280ページと読みやすいものになっています。

 

題名に惹かれて、なんとなく読んでみた作品でしたが、読み終わった時、とてつもない感動で満ち溢れていました。

 

心が浄化された気分です笑

 

特に最後の4行が素晴らしいです!!

 

280ページあるストーリーが全てこの4行に詰まっています。

むしろ、この4行を本当の意味で噛み締めるために、他のページがあると言っても過言ではありません。

 

 

寿命が尽きる最後の三日間は、

二人にとってどんなに三日間になったのでしょうか。

 

気になる方は是非読んでみて下さい( ̄▽ ̄)

 

 

 

今回はここまで!

それでは( ̄▽ ̄)/

 


三日間の幸福 (メディアワークス文庫)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】