北海道Fラン大学生の暇つぶしブログ

"うわははっ"

北海道在住のFラン大学4年生tanachanです。

入社1ヶ月経過

【2021年5月1日】

 

会社から帰ると全てがどーでも良くなる。

 

汚い部屋も溜まった洗い物やゴミ袋も全てが。

 

疲れて何もできない。

 

 

 

新卒入社して1ヶ月が経ちました。

この1ヶ月で学んだことはひとつ。

 

生きるって疲れるということ。

 

 

 

会社に行って、楽しくない仕事して、帰ったら何する気力もなく寝る生活。

そしてまた朝になって、また会社行って楽しくない仕事して寝る。

 

これが月曜日から金曜日まで毎日毎日続くのだ。

 

 

生きるためには働くしかない。

働かないで生きていけるならそうしたい。

でもそんなすべを知らない私は時間と労働力を提供し、対価を得るしか生きる道はないんだ。

 

 

たった1ヶ月でこの疲労感。

この生活がこの先何十年も続くって考えると絶望という感情しか残らない。

 

 

ふと考えることがある。

こんなに辛い思いを抱えながら、生きて生きて生きることになんの意味があるのだろうかと。

 

今なら自殺をした友人の気持ちがわかるかもしれない。

 

 

 

 

 

一つ良くなったことは、ゲロを吐かなくなったこと。

入社1週間は毎日吐き気がしてゲロを吐いてた。けど今は緊張による吐き気なんかより働きたくない、疲れたという気持ちが大きい。

 

負の感情で、負の症状が改善されるって面白いね。

 

 

 

仕事を辞めたいのかな。

辞めれるなら辞めたいよ。

でもね。そういうわけにはいかないのよ。

ここまで育ててくれた親に迷惑をかけたくないし、

ここで辞めたら情けないよなって勝手に思っちゃうんだ。

 

それに辞めたって現状が変わるわけじゃない。

Twitterで21卒辞めたって人も結構いるよ。

でも結局、就職活動してないといけないし、とりあえずお金ないからバイトに応募してる人もいる。

 

辞めたって働いてない自分に嫌気がさして、泣きたくなるの。

 

 

 

何かが足りない、何かが欲しい。

でもその何かが分からなくて、もがき苦しんで、焦って、葛藤して。

感情は思春期の頃と何も変わらないのに、あの頃とは何もかもが違う。

私はもう大人になってしまったから。

 

誰も助けてくれる人なんていない、もう大人だから。

 

好きなことも嫌なこともあって、その全てに折り合いをつけながら毎日を過ごすことがきっと人生なのだろう。

 

この先の未来に何があるのかなんて分からないけど、とりあえず1日1日を生きてみるよ。

 

 

生きる意味を見つけるために。

 

 

 

 

 

 

 

入社して1週間。毎朝ゲロ吐いてます。

【2021年4月11日更新】

4月1日に入社して、1週間ちょっと経ちました。

 

つらさを紛らすため、

いまの自分の気持ちを文字にして書き留めます。

 

正直なところ、

社会人めっちゃしんどいです。

 

 

いまだに緊張して、毎朝吐き気で苦しいです。

 

会社のトイレで、すでに2回吐きました。

 

1週間経っても、こんな状態の私。

適用障害、不安障害、パニック障害のどれかなのではないかと疑います。

 

精神安定剤を飲んでやっと少し楽になるくらい。

 

毎日泣きそうです。

 

 

満員電車

全然慣れません。

 

田舎出身の私は人の多さでもう酔ってしまいます。

 

これからは高校生や中学生も通学で使うのでもっと狭くなります。

電車の中でも常に吐き気との闘いです。

 

 

そして仕事内容

 

4月1日からいきなり実務でした。

研修もなしです。

 

でも、パワハラのようなことをする人はいませんし、今のところは定時で帰れています。

 

多分今だけですが。

 

右も左もわからず、できる仕事はありません。

先輩達が忙しそうにしてる中、何もしないのは逆に辛いと感じます。

 

同期はほとんど勤務地違います。

同じ勤務地の同期も少しいますが、部署が違うため接することはありません。

 

アルバイトの時は仲のいい友達ばかり、歳の近い人も多かったので気軽に会話して店長の愚痴なんかを言ってたりしました。

 

でも会社は違います。

歳の離れた人しかいないため、コミュニケーションのときも常に気を使います。

 

これがけっこうストレスです。

 

 

デスクワークなので、立ち仕事のアルバイトの時よりも体力的な面では楽なところもあります。

仕事内容も新人なのでまだ楽な方です。

 

でも、気疲れとストレスは会社の方が何倍もあります。

会社から帰ったら、

疲れて何もする気が起きません。

 

ご飯食べてすぐ寝ます。

性欲も全然なくなりました。

睡眠欲と食欲に全て支配されてます。

 

 

1週間働いて思いました。

生きていくだけならこんなに働かなくてもいいのにと。

アルバイトフルタイム週3回でも支出を抑えれば生きていけます。

 

何で生きるためだけにこんな辛い思いしてるのだろう。

 

これは総じて生きるのが辛いということなのだろうか。

 

自殺は絶対しませんよ。

 

逃げてもいい。

だから絶対に死なないでと、

親、友人と約束をしています。

 

大学生の時、私の親友が自殺しました。

残された側の気持ちは痛いほど分かります。

だから自殺はしません。

 

 

 

また、明日から1週間仕事です。

仕事のことを考えるとまた吐き気で気持ち悪くなります。

どうか何事もなく過ごせますように。

 

そして、1年後でもいい。

こんな時もあったな笑と、

この記事を読んで思えるような余裕のある精神状態になってて欲しい。

それがいまの願いだ。

 

 

もし、私と同じような気持ちの新入社員がいたら、

この記事で少しでも楽になって欲しい。

 

こんなに苦しい思いをしてるのは私だけじゃないんだって、思えてもらえたら、

この記事を書いて良かったと私も思えるから。

 

そのために、このブログ名にしたんだから。

 

 

 

新卒入社前日の心情

【2021年3月31日更新】

 

明日からついに社会人デビューだ。

両親になんでも頼ってしまう生活ももう終わり…。

 

明日からは1人の大人だ。

 

 

これから先、

30年40年と社会の波に晒されるのだろう。

 

時には挫折したり、

時には昇進して嬉しくなったり、

 

そんな未来が待っているかもしれない。

 

どんなことがあっても、

生きるために働く、

家族のために働く。

 

 

それが大人というものなのだろう。

 

 

だけど、入社前日の私は不安だらけで、

大人になんてなりたくない!

なれない!

と思っている。

 

 

まず緊張で嘔吐するかもしれない。

朝早起きできないかもしれない。

満員電車に乗るのが怖い。

 

会社の人が合わない人ばかりだとどうしよう。

怖い人がいたらどうしよう。

自己紹介はどうやってすればいいんだろう。

 

明日のことを考えると不安で眠れない。

今にも吐き出しそうだ。

 

こんな私は大人になんてなれない。

 

だけど、

 

そんな私をよそに無慈悲に時間は進んでいく。

 

4月1日の出勤時間が迫ってくる。

 

 

 

 

 

もう。

 

 

 

 

 

逃げられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できることなら大人になんてなりたくなかったし、なれそうになかった。

 

だけど逃げるわけにはいかないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

私は明日、

大人になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会の皆さん、

私のような心の弱い人間がこの世の中には沢山いると思います。

 

私のように心が弱く、鬱になる方もいるでしょう。

そんな方には優しく接してあげてください。

 

 

入社前日の私からのお願いです。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

イエスマン "YES"は人生のパスワード

【2021年3月25日更新】

こんにちは、tanachanです。

 

最近見た映画を紹介したいと思います!

 

今回紹介する映画はこちら。

イエスマン"YES"は人生のパスワード』

f:id:tanachan0921:20210210155941j:image

 

結構有名ですよね!

名前は聞いたことある。けど見たことはないって方もいるんじゃないでしょうか。

 

人生のパスワードと言っているだけあって、

人生の歩み方、生き方について触れている作品です。

 

生き方を変えたければ、自分の意識を変えなければいけない。

NOという答えからYESに。

 

1.あらすじ

銀行員のカールはいつもいつもプライベートでも仕事でも答えは「NO」と言い、友人との付き合いや様々な勧誘・職場の個人融資の審査などあらゆることを断る生活を送っていた。カールは3年前の離婚を引きずり親友・ピーターが婚約を発表するが喜べず、職場では上司・ノーマンから昇進話がダメになったと伝えられる。そんな中カールは、知人のニックから「“イエスマン”になって人生が変わった。お前も人生を楽しめ」と怪しげなセミナーの冊子を渡される。人との付き合いを断り続けて孤独死する夢を見たカールは将来が不安になり、見学のつもりでセミナーに足を運ぶ。

大勢の参加者がホールに集まる中、ステージに現れた代表・テレンスが初めて参加したカールに目をつけ対面式でイエスマンについて説く。テレンスはカールに、今後決断を迫られた時「イエス」といえば人生がすべて変わると伝える。続けてテレンスは、万が一それ以外の答えを言えば災いが起こると脅かされるカール。その場の雰囲気に押されたカールはイエスの誓いを立てる。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イエスマン_“YES”は人生のパスワード

 

簡単に言えば、

主人公のカールがイエスマンになってから、運気がどんどん上昇していくという物語。

 

YESと言い続ける事で、出世して、人脈ができ、恋人ができる。

 

今までNOと言い続けてきた人生とYESの人生どちらが楽しいですか?

 

あなたは今の人生に満足してますか?というメッセージを映画から読み取ることができます。

 

2.感想・評価

ひとこと。「面白かった!!

 

普段洋画をあまり見ないのですが、

この作品は時間もそこまで長くなくて、すごく面白かったです!

 

吹き替え版でも笑えてウキウキな気分になれる映画でした!

世間の評価が高いのも納得です。

 

 

NOからYESに意識を変えるだけで、

こんなにも人生が変わるのか!と思いました。

 

嫌な事でもYESと答えることで、いつもと違う経験と評価がもらえたり。

 

 

例えば日常で考えた時に、

飲み会とかって正直めんどくさい時もありますよね。だけど行ってみればそこは楽しい空間もあって、新しい発見や出会いもあったりします。

 

このように考えるとあながちYESというだけで、人生って本当に変わるのかなって思いました。

 

普段洋画を見ない、そもそも映画もあまり見ないという方にもおすすめの映画です。

 

3.まとめ

今回は私が最近みて、面白かった作品。

イエスマン"YES"は人生のパスワード』を紹介しました。

今の人生に満足してない方に特に見てもらいたい作品です。

もしかしたら、YESマンなるだけでいい方向に向かうかもしれません。

無駄な時間だったなと思うことはないはずです!

 

是非見てください!!

 

今回はここまで。

読んでいただきありがとうございました!

それでは( ̄▽ ̄)/

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村